英語の絵本なら、簡単に読めるかな リトルグレイラビットを読む

英語や語学
この記事は約10分で読めます。

 簡単に読める英語の文章はないかなあと思いませんか? 絵本に書かれた英語なら子供向けだから簡単に読めるかもしれません。 かわいい挿し絵がある絵本の英語を一緒に読んでみませんか? 今回は、「リトルグレイラビット もぐらのモールディ」を読みます。

子供向け絵本なら読めるかも

いやあ、ニュースの英語は大人向けだから、むずかしいね。

その代わり、日本語ニュースが探せることもわかったね。

そこで思いついたの! 子供用の絵本なら、簡単に読めるはずだと。

たしかに、簡単に読める可能性が高いね。

日本語をおぼえるとき、どうだったか思い出してみよう。

 子供のころ、絵本の読み聞かせをしてもらった記憶があるひとは多いのではないでしょうか?

 ネイティブが作者であれば、簡単な表現で、正しい文法、正しい表現で書かれているはずです。

 

かわいいイラスト付きの絵本を探してね

という訳で、かわいい絵本を探してね。 うさぎさんに出てきて欲しいな。

なるほど、そういうネタフリだったのですね。

かわいいうさぎさんがでる絵本と言えば・・・

ピーターラビットかリトルグレイラビットが良さそうですね。

リトルグレイラビットは、どうですか?

引用元: Amazon

きゃー、かわいい。 OKでーす。

 

日本語で翻訳されていると比較できそう

日本語版の値段

これの日本語版はあるかな?

引用元:Amazon

日本語版 約3万円 高い! 買いたくない。 

英語版の価格

引用元:Amazan

英語版は、約1000円。 安い。 これがいい!

<広告> この本を買いたい人へのリンクです。


Little Grey Rabbit: Moldy Warp the Mole

  

買う前に試し読みできた方がいいな

本のあらすじ、紹介の文章

念のため、試し読みしたいな。 予想以上にむずかしいかもしれないから。

それでは、本のあらすじ、紹介の文章を読みましょう。(上の画像または下記の文章を見てね。)

When Moldy Warp discovers a stone from a mosaic floor, he is determined to find the rest of it. Grabbing his spade and bag, he sets out to go digging. But what else will Moldy Warp uncover on his expedition? Since their first publication in 1929, the Little Grey Rabbit stories have captured the hearts of many and become children’s classics. Beautifully told by Alison Uttley and brought to life by Margaret Tempest’s charming illustrations, these stories enchant children and adults alike. For over 80 years, generations of children have grown up reading the adventures of Little Grey Rabbit, Squirrel, Hare and all their animal friends.

https://www.amazon.co.jp/dp/1783708786/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_.2VBFb97F92MS

  

試し読みへのリンク

「3点すべてのイメージを見る」をクリックすると、2ページだけ画像があったよ。

お試しだから、少なくてもしょうがないね。

引用元:Amazan
引用元:Amazan

  

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪ ちょっとわからない

お約束の会話

うーん、本の紹介は、保護者向け(大人向け)の文章みたいで、むずかしいなあ。

まあ、そうかもね。 じゃあ、本の見本ページの英語は、どうかな?

まだ分かりやすいけれど、わからない表現があるわ。 自信無くすなあ。

英文読解を手伝ってほしいな。(ほとんどやってほしい)

ねえ、手伝ってほしいな!(ほとんどやってくれたら、うれしいけど。)

手伝うのは、いいけれど・・・ また、全部やって! というのではないよね。

ギクッ。 こんなときに、エスパー魔美の高畑さんがいてくれたらなあ。

ささっと教えてくれるだろうね。 僕はかなり時間がかかるからね。 きびしいよ。

待ってるから、お願いします。 ぺこり。 (*- -)(*_ _)ペコリ

いつものパターンですね。 あきらめよう。 では、紹介文から始めるね。

本のあらすじ、紹介の英文の理解 (和訳の一歩手前の日本語)

When Moldy Warp discovers a stone from a mosaic floor,
he is determined to find the rest of it.
モールディ・ワープが発見したとき、石を、モザイクの床から。
彼は決心しました、残りの石を発見する、と。

Grabbing his spade and bag, he sets out to go digging.
スペードとバッグをつかんで、彼は出発します、掘りに行くために。
※訳注: スペードは、辞書では、鋤(すき)。 作品内では、トランプのスペード(♠)の形をした土掘り道具、大きいシャベルが近い。

But what else will Moldy Warp uncover on his expedition?
しかし、他の何を、モルディワープが明らかにするでしょうか? 彼の探検で。

Since their first publication in 1929,
the Little Grey Rabbit stories
have captured the hearts of many
and become children’s classics.
1929年の最初の出版以来、
リトルグレイウサギの物語は
多くの人々の心をつかみ、
子供たちの古典になりました。

この変な箇所での改行と色分けは、もしかして・・・

そうです。 英語の語順通りに読み進めるために、日本語を区切って付けました。

Beautifully told by Alison Uttley
and brought to life by Margaret Tempest’s charming illustrations,
these stories enchant children and adults alike.
アリソン・アットリーが美しく語り、
マーガレット・テンペストの魅力的なイラストが生み出した
これらの物語は、子供から大人までを魅了します。

For over 80 years,
generations of children have grown up reading the adventures
of Little Grey Rabbit, Squirrel, Hare and all their animal friends.

80年以上にわたり、
何世代にもわたる子供たちは、冒険を読んで育ちました。
小さい灰色ウサギのリトルグレイラビット、リスのスキレル、ウサギのヘア、および彼らのすべての動物の友達の(冒険を)。

最後の(冒険を)は、前の文章を説明していることが分かるように足しました。

普通の日本語訳と照らし合わせて、英語を理解するよりも、かなり楽ですね。

  

見本 14、15ページの英文の理解 (和訳の一歩手前の日本語)

画像をもう一度載せますね。

引用元:Amazan

Shrill laughter and cries came from over a wall,
and there, playing in the cornfield
was a crowd of small rabbits.
かん高い笑い声と叫び声が聞こえてきた、壁の向こうから。
そこ(壁の向こう)で、遊んでいる、トウモロコシ畑で、
小さなウサギの群れ(の声)でした。

They came scampering up to the Mole
as he crawled through a hole in the wall.
彼らはもぐらに近づきました
そのとき、もぐらは壁の穴を這っていました。

“Please, Sir, what time is it?” they asked.
「お願いします。卿(きょう、サー)、何時ですか?」 彼らは尋ねた。

Before Mole could look at the sun, Grey Rabbit replied,
“Half-past kissing-time, And time to kiss again.”
もぐらが太陽を見る前に、グレイラビットは答えました、
「キスする時間の30分過ぎ、そしてまたキスする時間。」

訳注: 12:30 のことと思います。 長針と短針がキスする時間が12:00だから。

All the little rabbits rubbed their noses,
and trotted after Little Grey Rabbit.
すべての小さなウサギたちが鼻をこすり、
小走りについて行った、小さなグレイラビットの後ろを。

“Where is Mole going?” they whispered.
「モグラはどこへ行くの?」 彼らはささやいた。


“Sh-sh-sh,” Grey Rabbit lowered her voice. “He’s going treasure hunting.”
「シ-シ-シ」グレイウサギは声を下げました。 「彼は宝探しをしている」

見本 40、41ページの英文の理解 (和訳の一歩手前の日本語)

画像をもう一度載せますね。

引用元:Amazan

“They are all sorry they lost your treasures, Moldy Warp,” said Little Grey Rabbit,
stepping in with the Old Hedgehog’s milk pail full of flowers.
「彼らはみんな申し訳なく思っています。 あなたの宝物を失ったことを。 モールディ・ワープ」とリトルグレイウサギは言いました。
歩を進めた、手に持っていたのは、古いハリネズミのミルクバケツ、花でいっぱいの。

“They have sent you these instead.”
「彼らはあなたに送った。 これらを(宝物の)代わりに」

She filled a jug with silver daisies and golden buttercups.
彼女は水差しを満たしました、銀のヒナギクと金色のキンポウゲで。

“You like them just as much,don’t you, Moldy Warp?”
she asked wistfully.
「あなたも同じくらい好きですよね。モールディ・ワープ。」
彼女はたずねた、物思わしげに(or しんみりと)。

“More, much more,” answered the Mole.
「もっと、もっともっと(好きさ)」、モグラは答えました。

“What is a precious stone to a living flower?”
Yet he gave a deep sigh.
「貴重な石って有るかい 生きている花よりも (いや、無いね)?」
それでも彼は深いため息をついた。

He put his hand in his pocket
and brought out
his forgotten little stone rabbit.

彼はポケットに手を入れ、
取り出した、
忘れていた小さな石のウサギを。

He put it
in the middle of the mantelpiece
and Grey Rabbit stood on tiptoes to look at it.

彼はそれを置いた、
真ん中に、暖炉の上の飾り棚の、
灰色のウサギはつま先で立ってそれを見ました。

“I’m going to give a picnic
to all the animals who kindly waited for me
in that cold wild pasture up there on the hill,”
said Mole.
「私はピクニックにさそうつもりです。
すべての動物、私を親切に待ってくれた。
その冷たい野生の牧草地で、丘の上の」
とモールは言いました。

“Please ask them to come tomorrow afternoon, Grey Rabbit.”
「明日の午後に来るように頼んでください、グレイラビット。」

 

流し聞きするための動画も準備してね。スライドも忘れないでね。

なるほそ、なるほど、そういうことが書かれていたのね。

むずかしくて、疲れたよ。

聞き流し用の You Tube 動画も、よろしくね。

そのうちね。 しばらく、無理かも。

You Tube 動画へのリンク

英語の絵本 リトルグレイラビット もぐらのモールディ・ワープ

お待たせしました、準備できました。(リンク

タイトルとURLをコピーしました