子ども言葉と英語の語順

子ども言葉と英語の語順英語や語学
子ども言葉と英語の語順

 「子ども言葉」を真似できるなら、「英語の語順」も理解できます。
 この動画を見れば、こんな簡単にわかることだったのか・・・と気づくことでしょう。

まずは、子ども言葉を聞いてください

子ども言葉(日本語)

おかあさん、ぼく、ほしいの。

なにがほしいの?

やってみたい。

なにをやってみたいの?

やきゅう

うんうん、野球ね。

見ててくれる人は、さとうさん。

あの野球チームに入りたいのね。

 「英語と何の関係があるんだ!」と思ったあなた!
 もう少し、お付き合いください。

子どもとお母さんの会話をお聞きください その1
子どもとお母さんの会話をお聞きください その1
子どもとお母さんの会話をお聞きください その2
子どもとお母さんの会話をお聞きください その2

 先ほどの会話から、子どもが話した部分だけを抜き出して、並べてみましょう。

おかあさん、ぼく、ほしいの。やってみたい。 やきゅう。
見ててくれる人は、さとうさん。

 1つの文章に、つなげました。
 変な日本語と思いますか?
 それでも、意味は分かりますね?

子どもとお母さんの会話をお聞きください その3
子どもとお母さんの会話をお聞きください その3

先ほどの会話を、英語に翻訳しました

Mother, I want to play baseball under the control of Mr. Satou.

 英語にしました。
 なにか、気づきませんか?

英語の語順を図解します
英語の語順を図解します

<注釈>
 「主語 Subject」、「判断語 Verdict」、「目的語 Object」、「叙述語 Predicate」は、
VSOP英文法の用語です。
 出典:Get The Real 英語参考書、西巻 尚樹(にしまき・なおき)氏


Get The Real…英語参考書―VSOP英文法の決定版!

子ども言葉と英語を並べて語順を比較しましょう

おかあさん、ぼく、ほしいの。やってみたい。 やきゅう。
見ててくれる人は、さとうさん。

Mother, I want to play baseball under the control of Mr. Satou.

 子ども言葉と英語を並べました。 語順を比較してくれますか?

子ども言葉と英語の語順を比較します 図解
子ども言葉と英語の語順を比較します 図解

「子ども言葉の語順」と「英語の語順」の特徴は?

子ども言葉(日本語)
 言いたいことを 1つずつ 1つずつ 思いついた順番に話す。
英語
 文章の先頭から、SVOPの順番に情報を追加して、くわしい情報を伝える。

 「英語の文法」は、「子ども言葉」と似ていると考えたら、英文を理解することも簡単になると思います。

子ども言葉と英語の語順 比較まとめ
子ども言葉と英語の語順 比較まとめ

You Tube で聞き流したい方へ

  You Tube 動画へのリンクは、こちらです。 https://youtu.be/OTp9XijeMTE

子ども言葉と英語の語順
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました