第3歩 バックアップを取ろう

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin Word Press
この記事は約3分で読めます。

バックアップする場所を確保する

 バックアップは、ワードプレスのプラグインを使用します。

 使用する際に、すべてのデータにアクセスする許可が必要です。 というメッセージを承認しなければ、ソフトを使えません。

 私は、普段つかうデータを、Google Drive に保存しています。 ここは使いたくないので、Drop box というサービスを使うことにしました。

Drop box に申し込みをする

 URLは、https://www.dropbox.com/です。

 私は、一番下のGoogleで登録を選びました。

右下の「許可」を左クリックします。

次の画面で、「既存のアカウントがあります」を左クリックします。

次の画面で、「Googleでログイン」を左クリックします。

2個以上のアカウントを持っている場合は、ひもづけしたいアカウントを選びます。

 右下の「許可」を左クリックします。

Drop-Box-Register-gmail 登録

 Dropbox 利用規約を、よく読んで納得したら、「Dropbox 利用規約に同意します」 のチェックボックスを、左クリックします。

 「登録する」を、左クリックします。

 次の画面で、一番下にある「または Dropbox Basic プラン(2 GB )を継続」を、左クリックします。

 「Dropboxをダウンロード」を、左クリックします。

 他で使用するつもりがないので、「保存」の右の▼を、左クリックします。 「名前を付けて保存」を選び、お好みの場所に保存してください。

 バックアップするプラグインをインストールします。

ダッシュボードを左クリックします。

プラグイン の 新規追加 を左クリックします。

backupと入力して、プラグインを検索します。

UpdraftPlus WordPress Backup Pligin の右にある「今すぐインストール」を左クリックします。 しばらく待つと、「有効化」のボタンが表示されるので、左クリックします。

「スタートするにはここをクリック。」を、左クリックします。

「設定」を左クリックします。

「次」を左クリックします。

Dropbox を左クリックします。 「次」を左クリックします。

 「次」を左クリックします。

 「次」を左クリックします。

「このリンクをクリックして、~」を左クリックします。

「Coplete setup」を左クリックします。

「今すぐバックアップ」を左クリックします。

「今すぐバックアップ」を左クリックします。

[OK]を左クリックします。

「Dropbox」の左のを左クリックします。

「今すぐバックアップ」を左クリックします。

バックアップが終わるまで待つ。

 バックアップが完了しました。

次回からは、楽にできます・・・

 大変だった設定作業は、次回からはいりません。

 次回からは、「今すぐバックアップ」を押すだけで大丈夫です。

                        おわり

 

ワードプレスでブログを始めたい リンク集

Word Press 第1歩 過去の自分が欲しかった「ど素人むけ

Word Press 第2歩 記事を書こう

Word Press 第3歩 バックアップを取ろう

Word Press 第4歩 検索エンジンに登録する

Word Press 第5歩 Cocoonテーマをインストールする

タイトルとURLをコピーしました