求人広告の変化 Google しごと検索 で自作しよう

求人広告の変化 Google しごと検索 アイキャッチ考え方

【2022年 5月】WordPress で、Google しごと検索 (Google for Jobs) を利用する方法をご存じですか? 条件を満たせば、求人広告を自作できるのでお得です。 ただし、表示順位をお金で買うことはできません。

Google しごと検索 (Google for Jobs) とは、なにですか?

こんな方々に、お勧めします。

 「インターネットに求人を掲載したいけれど、お高いんでしょう?」と思っている方。
 「ホームページ作成も求人広告も高くて、注文を出せないなあ・・・」とお悩みの方。
 「ホームページをWordPressで作成できるように、求人広告もWordPressプラグインで出来たら良いのになあ。」と考えている方。

 上のような方々にとって、「Googleしごと検索」は、救世主あるいは救いの神と言えるかもしれません。

人件費を除く、実費の目安

 この記事を読めば、ご自身でWordpressによるホームページを作成し、求人広告もWordPressプラグインを使って出すことができるようになります。

 つまり、毎月のWordpress使用料(=ホームページ掲載サーバーのレンタル費用)さえ払えば、「求人広告1件当たり〇〇万円かかるなあ。」などと悩まずに、求人広告を自分で作成する未来をつかめます。
※ サーバーのレンタル費用やプランの詳細(速さや容量など性能)は、各社で差があります。
※ 各自の価値観で、費用対効果をご検討をお願いします。

アダルトサイトOK。
ライトスピード採用。
良い品質を適正価格で提供。
※上級者向けと思います。

スタンダード
(税込み)968円~/月

コストパフォーマンスと安心と高性能のバランスを取れています。
※中級者の私も使用中です。

スタンダード
(税込み)990円~/月

個人商店、個人飲食店、個人事業主にお勧めします。

※初心者に最適

スタンダード
(税込み)440円~/月

これから、WordPress を学びたい人へ

 下記のブログ記事(動画へのリンク)を見れば、たった1時間で基礎が学べます。

求人サイトとの差

論より証拠です。

 「求人 東京 java 未経験」というキーワードで、Google 検索してみてください。

 広告 0-5行くらい
 検索結果 1行
 求人 Google しごと検索 (Google for Jobs) の画面
 検索結果

という結果が、あなたのパソコンに表示されたはずです。(下の画像)

Google しごと検索 の方法 求人 東京 java 未経験 で普段通りに検索します。

Google 様への広告料は不要です。

 その代わり、掲載順位の上位をお金で買うことはできません。
 また、利用するためには、ご自身のWEBページが必要となります。

Google 様 公式ページ

Google しごと検索 (Google for Jobs) について

 Google しごと検索 (Google for Jobs) について説明された公式ページをご覧ください。(下の画像)

Google しごと検索 の公式ページです。

 Google 様の上記サービスと組み合わせた広告事業が多いため、根源というか出典のページを探すことは大変になっております。
 この中で、使用方法が説明されています。 そして、「構造化データをホームページに組み込むこと」という重要な一文を発見することになります。

求人情報を Google に表示するには

求人情報を Google に表示するには
求人情報を Google 検索に表示する方法は 2 つあります。

自社のウェブサイトに求人情報を掲載している
企業、ATS プロバイダ、求人掲示板は、構造化データを使用して求人情報を直接 Google に統合できます。この場合は、求人情報の HTML を編集する必要があります。いったん設定しておくと、新しい求人情報を追加するたびに Google が自動的に取得します。詳しい手順については下のスタートガイドをご覧ください。

サードパーティのサービスを利用して求人情報を掲載している
求人サービスを提供しているサードパーティが、Google の求人情報検索に対応しているか確認してください。

https://jobs.google.com/about/intl/ja_ALL/#!#jump

構造化データとは

公式ページによる説明

 下記の画像をご覧ください。 さきほどのページで「スタートガイド」を左クリックまたはタッチすると到着するページです。

Google しごと検索 の構造化データについて

 上のページを下の方まで読み続けると・・・

Google しごと検索 JSON-LD コードについて

 上のように、<html> で始まるホームページをコードで作成するときに使用するコードが出てきます。

標準の求人情報

JSON-LD コードを使用して各求人情報を記述した場合、次のように表示されます。
https://developers.google.com/search/docs/advanced/structured-data/job-posting#standard-job

<html>
  <head>
    <title>Software Engineer</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context" : "https://schema.org/",
      "@type" : "JobPosting",
      "title" : "Software Engineer",
      "description" : "<p>Google aspires to be an organization that reflects the globally diverse audience that our products and technology serve. We believe that in addition to hiring the best talent, a diversity of perspectives, ideas and cultures leads to the creation of better products and services.</p>",
      "identifier": {
        "@type": "PropertyValue",
        "name": "Google",
        "value": "1234567"
      },
      "datePosted" : "2017-01-18",
      "validThrough" : "2017-03-18T00:00",
      "employmentType" : "CONTRACTOR",
      "hiringOrganization" : {
        "@type" : "Organization",
        "name" : "Google",
        "sameAs" : "http://www.google.com",
        "logo" : "http://www.example.com/images/logo.png"
      },
      "jobLocation": {
      "@type": "Place",
        "address": {
        "@type": "PostalAddress",
        "streetAddress": "1600 Amphitheatre Pkwy",
        "addressLocality": "Mountain View",
        "addressRegion": "CA",
        "postalCode": "94043",
        "addressCountry": "US"
        }
      },
      "baseSalary": {
        "@type": "MonetaryAmount",
        "currency": "USD",
        "value": {
          "@type": "QuantitativeValue",
          "value": 40.00,
          "unitText": "HOUR"
        }
      }
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

在宅勤務の求人情報

JSON-LD コードを使用して在宅勤務の求人情報を記述した場合、次のように表示されます。
https://developers.google.com/search/docs/advanced/structured-data/job-posting#work-from-home-example

<html>
  <head>
    <title>Software Engineer</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context" : "https://schema.org/",
      "@type" : "JobPosting",
      "title" : "Software Engineer",
      "description" : "<p>Google aspires to be an organization that reflects the globally diverse audience that our products and technology serve. We believe that in addition to hiring the best talent, a diversity of perspectives, ideas and cultures leads to the creation of better products and services.</p>",
      "identifier": {
        "@type": "PropertyValue",
        "name": "Google",
        "value": "1234567"
      },
      "datePosted" : "2017-01-18",
      "validThrough" : "2017-03-18T00:00",
      "applicantLocationRequirements": {
        "@type": "Country",
        "name": "USA"
      },
      "jobLocationType": "TELECOMMUTE",
      "employmentType": "FULL_TIME",
      "hiringOrganization" : {
        "@type" : "Organization",
        "name" : "Google",
        "sameAs" : "http://www.google.com",
        "logo" : "http://www.example.com/images/logo.png"
      },
      "baseSalary": {
        "@type": "MonetaryAmount",
        "currency": "USD",
        "value": {
          "@type": "QuantitativeValue",
          "value": 40.00,
          "unitText": "HOUR"
        }
      }
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

構造化データをテスト

 コードを入力し終わった後で、下記のページを使用して確認が必要です。

WordPress で、Google しごと検索 を使う方法

 「Google しごと検索 (Google for Jobs)  始め方 初心者 WordPress 」などで検索しているひとは多いと推理します。

 このページにたどり着いて、この項目を読もうとされているあなたは大正解だと断言します。

 私がいろいろと長い時間かけて調べた結果を集約してまとめているからです。

 もちろん、一番楽な方法です。

WordPress 初心者の方へ

 下の動画またはブログ記事をご覧ください。 この世で一番わかりやすい動画です。

 下記のブログ記事は、上記の動画を14本に分割したものです。

WordPress プラグインで簡単に

 上記のようなコードを見ると、「無理だ! あきらめよう!」となるひとが多いと予想します。(私を含む)

 幸いなことに、WordPress プラグインで簡単に実行する方法を発見できました。

Jobs for WordPress (Google しごと検索)

 このプラグインをインストールする方法を解説いたします。

 キーワードに、「google job」と入力します。(下の画像)

プラグインを追加 google job で検索します

 ページを下の方にスクロールすると、「 Jobs for WordPress 」というプラグインを発見できます。(下の画像)

プラグインを追加 Jobs for WordPress をインストールします。

 上の画像はインストール済みの場合です。

 みなさんは、これからインストールされるため、下の画像のようになります。

Jobs for WordPress プラグイン をインストールします。

 今すぐインストールを左クリックします。(上の画像)

Jobs for WordPress プラグイン を有効化します。

 有効化を左クリックします。(上の画像)

Jobs for WordPress プラグイン に匿名データ収集を許可します。添付ファイルの保存場所は、そのままにします。

 インストールした直後の画像です。

 上段の緑色の「 I agree to share anonymous data 」(匿名データの収集に同意します。)を左クリックします。(私の考えではお勧めです。プラグインの改善に役立ててもらえるからです。)

 下段の「 Close 」を左クリックします。(私の考えではお勧めです。 サーバーの許可制限の関係で、後日変更が必要かもしれませんが、ひとまずデフォルトのままにします。)

Jobs for WordPress 自動更新を有効化します。

 プラグの自動更新を有効にします。(上の画像)

Jobs for WordPress 自動更新が有効化しました。

 自動更新が有効になりました。(上の画像)

求人広告の作り方

メニューの場所

 「 Jobs for WordPress 」のメニューの場所は、こちらです。(下の画像)

Jobs for WordPress のメニューの位置です。

初期設定

 まず、Settings(設定)を開きます。 (下の画像)
 雇用する組織名、通貨の記号、通貨記号の位置などを入力します。

Google しごと検索 求人投稿の作り方-1 設定

 入力が終わったら、設定を保存します。(下の画像)

Google しごと検索 求人投稿の作り方-2 設定を保存する

入力項目の設定

 まずは、メニューの位置です。(下の画像)

Google しごと検索 求人投稿の作り方-3 設定 入力項目

 入力項目の全体は、こちらです。(下の画像)
 Google 様が要求する項目は、赤色でマークしています。 それらを無効にできますが、無効にして要求項目が欠如した場合、Google 様が求人投稿を台帳に載せないことができることを忘れないでください。と英語で書かれています。

Google しごと検索 求人投稿の作り方-4 設定 入力項目すべて

 必須項目の英語と日本語訳です。

英語日本語解説
Position title求人名称例.Android ゲームアプリ Kotlin 開発経験者
Description募集要項例.未経験者歓迎。経験者の場合、弊社のコード様式に従うことが苦にならないこと。
実力を測る根拠として、個人的に Google Play に公開したアプリがあれば尚よい。なお、ソースは非公開にしてください。
Hiring organization雇用する組織求人企業名称
Employment Type雇用形態正社員、パート、契約社員など
Job Location雇用場所郵便番号から国名(日本)まで
Basic Salary基本給与金額 最低、最高 時給、日給、月給など
Valid through求人期限

ヘルプ ショートコード、よくある質問

 このショートコードをページに貼って、求人投稿またはユーザーインターフェイス要素を表示します。(下の画像)

Google しごと検索 求人投稿の作り方-5 Help ショートコードを貼る

 よくある質問と答え(下の画像) クリックして回答を読みます。

Google しごと検索 求人投稿の作り方-5 Help FAQ よくある質問と答え

新しい求人を追加

 新しい求人を追加します。

Google しごと検索 求人投稿の作り方-6 新しい求人を追加します

カテゴリー 分類

 求人を分類できます。

Google しごと検索 求人投稿の作り方-7 求人 分類

求職申込

 求職申し込みがあった求人投稿を確認します。

Google しごと検索 求人投稿の作り方-8 求職申込

すべての求人

 すべての求人が表示されます。

Google しごと検索 求人投稿の作り方-9 すべての求人

お金を払って依頼する方法

 むずかしくて、自分には無理そうと思った場合に、お読みください。

無料の求人広告に申し込んだら、とつぜん有料になり困ったことはありませんか?

 また、Google しごと検索 (Google for Jobs) を無料で利用できるサイトも増えています。
 ただし、基本無料とか、最初の〇〇件まで無料という条件があります。
 使用する前に会員登録が必要となる理由は、最終的にお金を回収するためです。

 つまり、タダ(無料)より高い買い物はない! ということです。

 美味しい話だけは、大きい文字で表示してあります。
 ただし、契約解除不可や有料化への切り替えなど都合が悪いことは、小さい文字で長文の中に隠してあるものです。
 文章を読んで理解することを面倒に感じるひとたちを騙す(だます)というか勘違い(思い違い)させることで、遠回しに分かりにくく最終的には無料分を含めて支払いをする約束をさせるのです。

安全のために、最初にお金を払いましょう。

 WordPress の使い方を覚えることは大変です。
 または、WordPress を使える人を雇うとしても、継続的にお金が掛かります。

 ですから、無料というエサで釣ろうとしない良心的で安心できる外部委託先を探すことが大事と考えます。
 ただし、どんなに調べたとしてもフタを開けてみるまで、相手の本性は分かりません。

 そこで、もしも私が自分で出来ない場合に、どうするか?を考えてみました。

 下記の広告リンクで表示される会社は、信用できそうな気がします。

「初期費用20万円〜、月額3万円〜でGoogleしごと検索とIndeedの両方に対応した採用サイトを持つことができます。」と最初に宣言しているため、正々堂々と取引する姿勢なのだろうと判断しました。

 法人企業・個人事業主の経営者、人事、広報などの担当者/責任者の方におかれましては、ご検討の時間を割く意味があると考えます。
 ただし、タダ(無料)こそが正義と考える方々には、向いていないと推理します。

 幸せ半分こ サアロフィア

タイトルとURLをコピーしました