成功の心得 初歩の初歩

私服 ナイス 喜び(作者: 猫島商会さん) 成功の心得
私服 ナイス 喜び(作者: 猫島商会さん)
この記事は約3分で読めます。

 成功したかったら、方法を変えるしかありません。頑張るとか残業するとかは疲れるだけです。

できていない人が多い、とても基本的な考え方。

 東京から大阪に移動することを考えます。

 「早く着くために、朝早く起きて走っていこう!」と考えるひとは、いないでしょう。

 しかし、仕事になると、なぜか・・・

 「早くしろ!」 --- その分、給与を払わなくてよい!

 「残業しろ!」 ーーー 時間を掛ければ、できるだろう!

 「早出しろ!」 --- 早出への賃金支払いと割り増し払いはゼロだから大歓迎!

という声が、響き渡ります。

方法を変える。

 引き続き、東京から大阪に移動することを考えます。

 まず、電車に乗る。急ぎなら、新幹線に乗る。みんな、当たり前に思いつきます。

 しかし、仕事や勉強になると、なぜ、方法を変えないのでしょうか?

やらないことを決める。

 時間と行動力(思考力)は限られています。

 とくに、20歳を過ぎれば、だんだんと衰えて弱くなり、継続できる時間も短くなります。 20~30歳が、1日8時間がフルパワーとしましょう。 40~50歳は、1日4時間がフルパワーの限界でしょうか?

 そうなると、捨てることを決めなければなりません。 つまり、優先順位をつけることです。 しかし、職場で、上司が「優先順位があるだろう!」と言えば、「全部やれ!」という意味です。

 こんな職場や考え方の集団では、弱い立場の人たちから疲れ切って辞めていきます。

 自分以外のひとを使い捨てする考え方では、将来が有りません。 普通の人は、自分は、いじめられなくて良かったと考えます。 しかし、賢い人は、次は自分がいじめられると逃げていきます。

逃げられないことを済ます。

 引き続き、東京から大阪に移動することを考えます。

 逃げられないことは、約束で決められた時間までに、約束の場所に着かなければならないことです。 しかし、電車が事故で遅れたり、止まったりする可能性が有ります。

 ということは、まず、約束した場所の最寄り駅に着いてから、喫茶店などで事前打ち合わせや資料の作成をするべきです。

 それなのに、前日の夜遅くまで資料を作成して打ち合わせして、翌朝に寝不足でフラフラしてしまう。 このような状況を見逃す上司では、負け戦ですね。

 身近な例では、洗濯、皿洗い、食事、歯磨き、風呂を最優先しなければならないと分かっていても、ついつい、マンガやテレビ、スマホゲームを優先してしまうひとの、なんと多いことでしょう。 当然、わたしもダメなひとに入っています。

できるひとに成るためには!

20~30歳しか、まともな会社に就職できない。

 だから、新卒のタイミングで、良い会社を探しましょう。

子会社、下請け会社、派遣会社の限界

 上の立場の団体から、押さえつけられているため、工夫ができない。 今後の武器となる成果も残せない。

30歳を超えたら・・・

 上の年齢から順番に退職を強要する職場は、少なくないはずです。

 だから、会社で働けるうちに、お金を貯めて、ノウハウを貯めて、独立できる技能スキルが、必要です。

仕事の成果は残るものです。

漫画家のマンガ、歌手のCD、小説家の本

You Tube 動画、ブログの記事

ゲームのセーブデータは消えます。 サービス終了で、パー。

生きた証を残す! 虎のように残せる皮が無いのだから!

おわり

タイトルとURLをコピーしました