Step3_パソコンを買おう

アフィリエイトの始め方
この記事は約6分で読めます。

1.おすすめのパソコン(わたしの答え、わたしの結論)

まず、結論から行きます。 あとで理由を説明します。 私は、長々と説明するページが多くてイライラしていますから。

 わたしは下記をお薦めします。(※ 時間がある人は他と比較するなり、周囲の詳しい人に相談してくださいね。 ひとりひとり顔と体形がちがうように、ひとりひとり答えと結論もちがいます。

ノートパソコン(新品)

 富士通 LIFEBOOK AHシリーズ ランキング1位(2020年4月13日 13:30)
2019年10月モデル フルHD液晶 カスタムメイドモデル LIFEBOOK WA3/D3

ノートパソコン(中古)

 

2.どんなパソコンが必要か? 3~5年で買い替える覚悟で買おう!

 タイプA: ホームページを見て、Word、EXCELを使えれば満足。

 タイプB: ホームページを作成して、プログラミングもしたいなあ。

 タイプC: オンラインゲームを楽しみたい。 快適動作は必須(かならず)!

 当然、タイプCが一番高く、タイプAが一番安いです。 過去に戻って、やり直すとしたら1台目はタイプBを選びますね。
 よって、上の結論はタイプBの基準で選んだパソコンです。

3.パソコンを買うときの注意点

 買うときに1番大事なことは、買ったあとの保証期間です。 なぜなら、使っているうちに発生する故障があるからです。
 たとえば、 1か月を超えて使って初めて出てくるトラブル(不具合) が有ります。 この理由から、保証期間のうちに、すべての機能を試して見ることが重要です。

 新品の保証期間 :  1~3年間。 追加料金で最大3~5年間。

 中古品の保証期間:  なし(ジャンク)、1か月~3か月、まれに1~3年、永久保証

 形あるものは壊れるもの。 スマホもパソコンも同じ。 いつかは壊れます。
 しかも、毎年? 春夏秋冬? 新製品が発表されます。 運が悪いと買った次の日に新商品が店頭に出ています。

 だから、なにを買うかで悩むよりも、どう使うかで悩むべきです。

 キリが有りません。 パソコンはツール(道具の1つ)と割り切りましょう。

4.パソコンの選び方について

 あなたが、いま住んでいる場所が重要になります。 その場所に住み続けるつもりなのか、それとも、定期的に引っ越しするとか、いつかは引っ越しする予定だとか。

<パソコンの外形>

 ノートパソコン: 高いですが持ち運びできます。しかし、画面が小さい。

 デスクトップパソコン: 値段の割に高性能ですが、広い置き場所が必要です。

<LCD画面の解像度と大きさのバランス>

 お薦めの画面サイズは、次の通りです。

 ノートパソコン: 15.6インチHD(High Resolution、1366×768画素)

※ 外付けディスプレイの21.5インチFHD(Full High Resolution、1920×1080画素)を追加すると、ほぼ同じ大きさの画素になるから見やすいです。

 デスクトップパソコン: 21.5インチFHD(Full High Resolution、1920×1080画素)

※ LCD液晶ディスプレイの画素は、文房具の方眼紙をイメージしてください。 1mm方眼紙よりもさらに細かい小さい正方形が1つ1つ綺麗な色で塗りつぶされたようなものです。 目が良い10代、20代の若い人は別かもしれませんが、小さすぎると目が痛くなります。

<CPU>

 intel製の他にもメーカーは有りますが、初心者にはCPU名称から性能を連想することが大変かもしれません。

 i3~i7: CPUの名前です。 数字が大きいほど性能が高い。当然値段も高い。
 3000~8000: 第3世代~第8世代。 孫、ひ孫、徳川家光~徳川吉宗みたいなものです。 数字が大きいほど性能が高い。当然値段も高い。

<メモリ>

 最低4GB、できれば8GB。16GBなら飛びつけ!という感じです。

<HDDかSSDか>

 高速なSSDは高いので、最初の1台はHDDでも良いでしょう。

<ドライブ>

 新品なら、DVDマルチ(書き込み可能)を選びたいです。 しかし、中古の場合は、ほとんどがDVD-ROM(読み込み専用)です。
 必要と感じたら、家電量販店でノートパソコン用の外付けDVDマルチ(書き込み可能)を買っても良いでしょう。

※ 中古パソコンは大企業や公務員のお下がりが多いためです。 機密情報を持ち出せないようにされているのでしょう。
 多くの場合、ていねいに使用されているので良いと思います。

5.オフィスソフト(ワープロ、表計算)について

 オフィスソフトは高いため、基本構成には含まれていないことが多いです。

 もし、オフィスソフトを買うならば別売りの製品版をお薦めします。 なぜなら、パソコンを買い替えても使用許可が有るからです。
 プレインストール版やバンドル版(本体に添付)は、同時に購入したパソコンでしか使用できないから長い目で見ると損した気持ちになります。

 また、Google の無料オフィスソフト 「Google Docs(ワープロ)、Google Sheets(表計算)、Google Slides(プレゼンテーション)」で モノ足りないと感じてから買っても十分間に合うと考えています。
 これらを利用すれば、どこにいても文書の作成、編集、共同作業を無料で行うことができます。

Google ドキュメント
 くわしくは、 (説明ページ) をクリック。

Google スプレッドシート
 くわしくは、 (説明ページ) をクリック。

Google スライド
 くわしくは、 (説明ページ) をクリック。

6.<最後に> もし、パソコンを持っていないなら、危機感を持ってあせるべき。

 あなたが自分自身を価値ある存在、成功できるひとと考えるなら、節約してでもパソコンを買いましょう。
 「欲しがりません 勝つまでは」、勝利の美酒は勝ってから買うものです。 飲み会代、たばこ代や酒代を貯金すれば、パソコンなんて買えてしまいます。

 成功したYouTuber(ユーチューバー)が過去を振り返って、こんなことを言われていました。
 「休憩時間に自動販売機で飲み物を買わずに家から水筒を持ってきた。  飲み会を断り、外食もせず、本代にして知識を貯めた。」と。

 当然、パソコン代も同じようにして確保したのでしょう。

 つまり、成功したいのなら、初めのうちは何かを我慢して、軍資金を確保することだと思います。

 お金持ちのひとに、「パソコンを買うお金が有りません。」などと言ったところで、お金を恵んでくれません。 彼らは誰からも恵んでもらっていませんから、心の中で馬鹿にされるだけです。

 初期投資の3~5万円を回収するための努力をする自信は、ありますか?

 もし、あるなら、買えるはず・・・
 
 おわり

次のStepに進む

 次のページ「Step4_レンタルサーバーを借りよう」に進む

<アフィリエイトを始めよう> 全 Step 一覧表

Step 1_目次 (はじめの一歩)

Step 2_インターネット回線を引こう

Step 3_パソコンを買おう

Step 4_レンタルサーバーを借りよう

Step 5_ドメインを取得しよう

Step 6_ホームページを作成しよう

Step 7_アフィリエイトサービスに登録しよう

Step 8_Blogで記事を書こう

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました